• 名刺を作成する前に

    名刺を作るなら項目を事前に決める

    名刺を作る前に、ただ名前や住所と いった項目のみを用意して、業者に依頼せずに 名刺を作る目的や、その名刺の役割と を、依頼する前に決めておくようにしましょう。プライベ ートで使うものなのか、 ビジネスで使うものかなどによっても、名刺に必要 な役割が異なってきますし、個人の情報を載せるだけでいいのか、 または別の目的があるのかによって、デザインも違ってきます

    名刺交換の際をイメージすると、名刺からどのような成果を求めているのか、具体的に シュチュエーション化してみましょう。営業先で渡すものであれば、違和感を感じさせない シンプルなものが効果的でしょうか。それとも、名刺の印象で自分のイメージを変えるほどの、 とても大きなインパクトのものがあるほうがいいのでしょうか。 そのような場合を考えて、渡す相手ごとに何種類かの名刺を使用している人もいるので、 あなたも何パターンか考えてみるのもいいでしょう。

    更に、名刺を作る際に依頼をするのであれば、最初に名刺の目的と役割を決定して、 その目的に適した名刺に入れる文字などを、事前に決めて奥必要があります。 名刺は、あれもこれも情報を詰め込めばいいという訳ではなく、 名刺の使用目的により、項目を絞ったほうが効果的で、相手の印象にきっちりと 残りやすくなったり、機能面でもとても向上するので、どの項目をピックアップするかは、 とても大切になります。

    名刺を作成する前に
メインコンテンツ

必要な目的


名刺に絶対入れなければならないものは、氏名と電話番号となりますが、 それ以外にも名刺の目的により、豊富な情報を詰め込むことが可能です。 一般的なものを紹介したいと思います。名前、ふりがな、会社名、住所、電話番号、 メールアドレス、HPアドレスといった物を入れるのが、基本的なことになるでしょう。


それ以外にも、必要な目的に対して、会社のロゴ、会社でのあなたの役職、顔写真、 ブログのURL、QRコード、SNSアカウント、略歴、自己PRといったものを名刺に入れる人もいると 思います。こういった中から、必要な目的に応じて、入れる項目を選んで置くことで、 目的に適し た名刺が出来るでしょう。更に、デザインでも、名刺の印象のみでなく、 あなた の印象に繋がるので、名刺の目的などに適したものをデザインするのがいいでしょう。 名刺は、ただ業 者に依頼して任せるだけでなく、そのような下準備を行ったのちに、 依頼した方がよりスムーズに事が進 むでしょう。業者任せにするとスムーズに行かないだけでなく、いざ届いてみると思っていたのと違った デザインになっていた、ということもよくあります。