• 名刺の用紙の種類

    ネットでも出来る名刺用紙の購入と種類

    名刺の用紙には、様々な種類があります。名刺の用紙は種類により、厚みが異なった物と なっているのです。名刺用紙の種類と一緒に厚みの種類についても、考えておきましょう。 まず、標準紙というものがあります。名刺用紙で一番使用されている頻度がとても高いもの となっています。モノクロ用とカラー用があります。 更に、厚みも異なっていて、好きなものを選択する事が可能となっている用紙です。

    次は、再生紙という用紙について紹介していきます。不要になった紙を利用し、 リサイクルで作成される、とってもエコなものとなっています。現在エコ注目されているので、 こういった用紙を使用している業者が増えています。標準紙と一緒で、 モノクロとカラー用があるのです。ですが、厚さは基本的に1種類の物しかないでしょう。 そして、次に非木材紙というものがあります。通常、紙の原料として使用されるパルプではなく、 ケナフやバガスといったものを利用して作成された用紙となっています。

    これもエコ効果を期待して作成された、名刺の用紙となっています。モノクロ用だけしかなく、 用紙の厚さも統一されているのです。材質の性質からみて、若干堅さを感じるのが特徴でしょう。 次は、スマートサイズという用紙があります。これは、欧米用紙で、 アルファベットの文字数などを考えた上で作成されているので、日本の名刺のサイズより 少し小さいものとなっています。このような名刺には元から色がついているものがあります。

    名刺の用紙の種類
メインコンテンツ

コーポカラー



そのような種類を選択するには、コーポカラーが必要になります。そのコーポカラーとは、 企業のイメージカラーを表しています。会社のロゴがあるのであれば、それに使用されている色が コーポカラーとしても使用されていることが多くあります。名前のみを耳にしても何となく 想像できる企業があるのと一緒で、基本的なカラーを使用することで、 会社の印象をつけることが出来るのです。では、そのカラーの印象を紹介しましょう。 名刺の用紙についている色を選ぶ際に参考になるでしょう。赤は、アミューズメントや、 自動車、飲料、若者向けの製品の会社に良く使用されます。次に青ですが、IT関連ソフト、 ハード、コンサル、医療関係の企業に使用されることが多くあります。


次に緑ですが、健康食品や、ホテル、講演、官公庁、飲食業に使用されます。そして、 紫はアパレルやブランド、占い、デザイン系の企業に使用されます。ピンクは、キャラクター、 ブライダルやお花、サービス、女性向け製品に使用されます。次に黄は、おもちゃや飲食業、 情報系に使用されます。色が豊富にあるので、紹介していたらきりがないですね。 こういったように様々な 基本となる企業のイメージカラーがある事を覚えておきましょう。この色調はこの企業、といったようなイメージを名刺は持たせることも できるのです。そう考えると名刺の力は強いですよね。