• それぞれの地域によって異なる名刺のサイズ

    基本的な名刺の台紙のサイズについて、紹介します。現在日本で最も使用されている基本的な 名刺のプリント用紙のサイズのは、4号となっています。これは、91×55mmです。 通常このサイズを、または9号といっていますが、一般的には、名刺サイズと呼びます。 私の地元が大阪なので、大阪中心にそのような呼び名で読んでいるのかもしれませんが、 あくまで参考までに。この名刺のサイズが主流で、一般的となっています。

    通常の基本となる名刺のサイズは、この55×91mmのことを言っているということを 覚えておいてください。なので、名刺の世界で、作業をされている人は、名刺サイズという 名称で呼んでいるのです。ここまで読んだ方で、55×91mmが4号なのか9号なのか分からなく なってしまったかもしれません。分かりやすくいうと、現在、名刺カードは 大体がこの大きさとなっていて、とても少ないのですが、この寸法以外の名刺プリントの 紙もあるのです。

    様々な用紙のサイズが存在しているので、当然ですが、サイズごとの名前があることを、 覚えておきましょう。名刺の業界では、この大きさを、4号と呼びます。なので、例えば、 名刺屋で名刺の作成の依頼をする際には、名刺のサイズを4号でお願いしますなどと伝えると、 名刺屋さんは、このお客さんは名刺に詳しい人だ。と思うでしょう。ですが、 このお客さんはきっと注文内容がとても細かい人かもしれない、同業者の人かななど、 ライバルかと思われ、警戒されてしまう可能性もあるので、そのような専門用語は 使用しないほうがいいでしょう。

    名刺のサイズ
    名刺のサイズ
メインコンテンツ

4号、9号


地方によって、呼び方が違うことを知っていますか。 名刺のサイズの基本のサイズを、東京では4号と呼んでいるのですが、関西は9号と 呼んでいることを覚えておいて下さい。同様の大きさであるのに、関西では9号と呼ぶ 業者もいるのです。現在ここまで全国で豊富な名刺が使用されているのに、 呼び方がとても異なる商品は少し怪しく感じてしまいます。これからも、東京中心に4号、 関西中心に9号という呼び名が変わる事はないでしょう。東京の名刺印刷の業者、更に呼び方。


関西の名刺業者、それぞれが、古くから4号、9号と呼んでいたのです。依頼される側は、 4号も9号も同じ大きさなので、 気にする必要はないです。名刺の業者の人は4号でも9号でも、 関係がないので、名刺サイズと呼んでいる人がい るのです。なので、この名前が、 紛らわしいので、私は統一してほしいと思う一方で、案外このような ことがその 土地それぞれの分化となっているのかもしれません。個人的には、このままずっと 生き残 ってほしいと思います。今時、同様の大きさであるのに全国的に違う呼び方があるのは、 こ の先ほど紹介した東京と関西だけではないかと思うのです。 名刺のサイズの分化でもありますよね。 個人事業主などはそれこそ自由なので、名刺を本当に自分に合ったものものにできるのです。