• 覚えてもらえる名刺

    名刺はもらってもあげても嬉しいものを

    私は、ちょっとした事情で仕事の役職が変更されたので、新しい名刺を作成しました。 私の名刺は、少し特殊となっていて、通常の会社に勤めている人の名刺は、シンプルで 表のみに文字が書いてある事が多くあると思うのですが、私の名刺には、少し工夫し、 デザイン性を重視して、裏と表に私の情報を書き込みました。個人で仕事を請け負って いるとこのような事が出来るのです。

    半年くらい前に、前のデザインの名刺を作成したのですが、某会社の社長さんの名刺への 思いを、聞くことが出来たのです。その社長さんは、「仕事をしていて名刺を 受け取ることが多くあって、その数は何百枚って数になっているんだけど、デザインは とても良くてしっくり来ているものがあるんだけど、業務内容や、自分に関する事が 何も書いていなく、会社の名前と、氏名と会社の電話番号くらいしか提示していないことが 多くある。

    そういった名刺は、せっかくもらったのだけど、フォルダに入れて入れたことすら忘れて しまっている。名刺は人との初対面の際に、使用するとても大切なものになるのに、 皆費用を削減することばかり考えていて、そこまで頭が回っていないのか。 一枚数十円程度なんだから、良い紙を使用して、顔写真や、裏表に業務内容を載せるのは、 絶対に必要で、そういったことで印象を変えることが出来て、覚えてもらえるんだと思う」 と言っていました。

    覚えてもらえる名刺
メインコンテンツ

もらって嬉しい名刺


そのような話しをしながら、その社長さんに名刺を渡してもらいました。 顔写真と業務内容が分かりやすいように大きく記載されている、 企画マーケティングを行う人の名刺となっていました。とてもうなづける話だったのですが、 それは、私がしているデザイナーの名刺として活かせるものではありませんでした。 実際に、私はそういった仕事で勤務しているので、様々なお出かけの際に名刺を持参しています。 この仕事をしていて思ったのですが、仕事はどこからやってくるか分からないということを 実感しました。一方で私は、名刺はトレーディングカードのように「もらって嬉しい」もので なければならないと思っています。


通常のおでかけで、ビジネス系の名刺を配るのは少し違うし、 縁があり対面した人 に配るのであれば、もらって嬉しい物で私を覚えてほしいと思ったのです。 社長さんの話しを参考に し、私らしい名刺を考えた上で、先に紹介した名刺を作成しました。 この名刺で力を入れたのは裏です。ず らずらと業務内容が書いてあったりで面白くないですが、 私がデザインしたのは、業務内容がイメージで 感じられるように、アイコンなどを使用して 作成してみました。こういった名刺であれば、多くの人 の印象の中に残ると思います。社会人はたくさんの名刺を受け取ることになりますので、その中でも目立つには このようなひと工夫が必要なのです。特に自営業の方は忘れられないようにすることは重要ですので、オリジナル 名刺を作りましょう。現在ではオリジナルでも数千円で格安で作れます。パソコンが出来る人なら自作も可能です。 データだけ作っておいてそれを印刷に回せばかなり安くなりますよ。

もらって嬉しい名刺