• 名刺入れは整理しやすい機能が付いたものを

    名刺入れが持っている機能について、紹介します。名刺入れはどのデザインのものも同様に 見えるかもしれませんが、それは異なります。単純な構造に思える名刺入れでも、 多少作成工程が異なるだけで、使用方法が大きく異なってくることを覚えておきましょう。 現在、ポケットがついている名刺入れがあります。自分の名刺を入れて置く場所は別となっていて、 そことは別にポケットがついたものがあります。 更に、名刺をしまう場所が2つに分かれている性能を兼ね備えたものもあります。

    ポケットが2つ以上あれば、
    自分の名刺ともらった名刺をわけて収納できるので、 とても便利な物となるでしょう。

    ですが、便利だからといって、もらった名刺をずっと その名刺入れの中に入れて放置しているのでは、失礼にあたります。もしも相手の人に、 前にもらった名刺を見られてしまったら、自分の名刺もそのような扱いをされるのでは ないかと感じてしまいます。なので、沢山入るからといって、入れっぱなしではなく、 もらった名刺は、別の入れ物に入れて置くのがいいでしょう。

    自分の仕事の人材メモといったものを作成し、そこに貼り付けて、特徴などを 記載してもいいですね。名刺入れは、とても多くの機能がついています。 名刺入れの中には、バスや電車で使用する定期券を収納できるもの、小銭入れがついているもの。 更には、メモ帳が付属されているものまであるのです。たった1つの名刺入れで、 たくさんの役割を果たすことが可能となっているので、そういった名刺入れはとても 便利なのですが、基本的にはオススメしません。まだ社会人一年生などであれば、それも許されるでしょうが、ある程度の 年齢や役職を持っているのであればそれは恥ずかしいです。

    名刺入れの機能
    名刺入れの機能
メインコンテンツ

自分をどのように見せるか


沢山の人が名刺入れだけの機能を持っているものを使用しなければ、 相手を不快な気持ちにさせてしまうと思っています。 なので、名刺は自分の分身と考えている人が多くいるので、他の物と混ぜてしまうことに 抵抗があるということになりますね。複数の機能がある名刺入れは、便利でとても 個性的でいいのですが、仕事で自分のキャラクターや位置などを十分に考えて、 購入した方がいいでしょう。名刺入れは、自分をどのように見せるかということが 1番大切なことになるのです。


マチは、大きいものか、小さいものかという問題があると思いますが、名刺入れのマチが 大きいと名刺が豊富にしまえて、出し入れもしやすくなるでしょう。小さく薄いものだと、 そこまで名刺をしまうことが出来ないでしょうし、少し窮屈なので、取り出す際に、 名刺の角が丸くなってしまったりということになります。ですが、マチが小さいものだと、 型崩れを防止でき、デザインとしては、美しく見えるといったことが、大きなメリットに なるでしょう。パンパンの名刺入れは、見ているこっちも気分がよくないです。 マチの部分の構造がどのようになっているかを購入時に確認する必要があるということですね。 または、普段いつも必要でない名刺は別の名刺入れを用意して、そちらの方に保管しておくというのも手です。 メインの名刺入れの方は常にすっきりとした状態にしておくことが大事なのです。

自分をどのように見せるか