• 名刺とは

    新たなステップアップの為の名刺

    名刺の意味を考えてみましょう。そもそも名刺とはどのような意味をもつのでしょうか。それは、 初対面の人に自分という存在を覚えてもらうための、一種のコミュニケーションツールであり、 ビジネスのシーンでも当たり前のように使用されているものなのです。 当たり前に日常で使用している人などは、ふと「何の為の物だろう」と疑問に感じた人も いるかもしれません。ここでは、名刺の意味について少し紹介して行きます。

    最初に名刺は、自分の情報を正確に分かりやすく、伝わりやすく伝えるものとなっています。 名刺は自分に関係している1番基本的な情報を、相手に覚えてもらうためのものです。 1番基本的になっているのは、あなたの氏名と会社での身分となっています。 名前が少し珍しい人や、読み方が難しい人であれば、フリガナを書いておけばいいでしょう。

    そういった気配りを名刺に含むことによって、あなたの印象があがり、あなたの名前と 会社名が覚えてもらえるでしょう。その次の意味は、スムーズな仕事のためとなっています。 名刺は基本的には、とても沢山の情報が詰め込まれているものとなっています。 こういったことがない状態で面談や、商談を行うことを考えると、まず最初に情報交換と 自己紹介から始める必要があるので、本題の話しに入るまでに、少し時間がロスしてしまうのです。

    名刺とは
メインコンテンツ

人脈のきっかけ


なので、会社の名前、役職、勤務先、連絡先、会社の番号、FAX番号、メールアドレスと いったものを、全て埋めて提示する必要があるのです。そういったことを考えると、名刺は相手に 良い印象を与えたり、自分を覚えてもらうだけでなく、実際に相手の情報も知れて、 自分の情報も知ることが出来る画期的なものなのかもしれません。更に、自己紹介が苦手な人も いると思うので、名刺を使用する事が増えたのかもしれませんね。ですが、名刺を提示するのが 当たり前の世の中になっているので、実際に言葉で情報を交換する事は、めったにないでしょうね。


そして次の意味は、人脈のきっかけになるということです。 沢山の優秀な会社員が、人脈を沢山つくっています。仕事が成功するきっかけになっていたり、 新しいチャンスが到来することもあるのです。様々な勉強会や、セミナー、 講演会といった場所に行き、名刺交換を行っている人もいます。異業者との交流は、 自分の仕事の幅を広げることに繋がる可能性もあります。更に年代が異なる人とも話す 機会になるので、そういった意味では、名刺はとても素晴らし い意味があるのですね。たかが名刺交換、と考える逆に痛い目に合う事になるので、しっかり基礎知識 をみにつけておきましょう。基礎知識とはいっても様々ありますので、一つずつ丁寧におぼえて いくようにしましょう。新入社員であれば、わからないことだらけだと思いますので、直属の上司に恥ずかしがらずに 素直に教えてもらうとよいです。知ったかぶりをして、恥をかき、会社にまで恥をかかせてしまうより聞く方がよほど ましなのです。

人脈のきっかけ